LED蛍光灯 導入シミュレーション

従来型直管蛍光灯
導入予定LED蛍光灯
利用蛍光灯本数
1日あたりの利用時間(1)
1月当たりの利用日数(2)
交換サイクル(3) 既存蛍光灯:12,000時間で交換
LED蛍光灯:40,000時間で交換
契約料金単価

その他単価: 円/kWh
二酸化炭素排出係数 0.555kg/kWh
シュミレーション年数 上記(1)、(2)、(3)から、LEDの初回交換時点までの期間で算出。
(例)12時間/日で30日/月の利用で9年

 シミュレーションの結果は下に表示されます。

導入シミュレーション結果(導入での効果)

  従来型蛍光灯 LED蛍光灯 導入効果 経費効果
消費電力量/kWh 排出権換算で
千円削減
二酸化炭素排出量/トン
電気料金/千円
蛍光灯・工事費用/千円
  • ※従来型蛍光灯1本あたりの価格:40W=900円、20W=500円、110W=1,800円で設定しています。
  • ※従来型蛍光灯1本あたりの消費電力は、安定器の消費電力を含んで設定しています。
      (40Wは安定器11Wを含む47W、20Wは安定器4Wを含む24W、110Wは安定器17Wを含む117W)
  • ※LED蛍光灯1本あたりの価格は定価で設定しています。
  • ※契約料金単価は、東京電力管内の電気料金メニュー(2011年3月1日現在)に基づいています。
  • ※二酸化炭素排出権は4,500円/トンで換算しています。
  • ※このシュミレーションはあくまでも参考値としてご覧下さい。詳しくは最寄りの代理店にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ

  • IFL・ISLシリーズ
  • ITK・ISGシリーズ
  • KFL
  • KM
  • BFM
  • 図面・仕様書ダウンロード
  • サイン事業部
  • 一本の照明からはじまるエコ。